インプラント情報館 >> インプラント情報館 >> インプラント歴史

インプラント歴史

インプラント歴史

インプラント治療の起源はインカ帝国時代のペルーまで遡り、歯が抜けたところにエメラルドの歯根が植えられたミイラが発見されているのです。

中国やエジプトでは、象牙の歯が植えられた人骨が見つかっているのです。

また、古代ギリシャでは権力者が奴隷の歯を抜いて自分の歯の抜けたところに埋めていたという記述があるのです。

現在のインプラントの基礎がスタートしたのは、約100年ほど前なのです。

その後、さまざまな技術革新によって改良、改善が加えられ、世界で数百種類、日本では数十種類のインプラントシステムが使用されているのです。

その後は義歯、つまり入れ歯が発明されて発展しているのです。

中世ヨーロッパでは、象牙や牛の骨、あるいは健康な人の歯を買って人工歯にすることも行われていたのです。

日本では日本人の体格にマッチしたタイプが開発されているのです。

インプラント発達の過程としては、1940年代には骨と粘膜の間にフレームを入れる骨膜下インプラントという方法が考案されてきているのですが、現在はほとんど用いられていないのです。

レ・ミゼラブルには若くて貧しい女性が、自分の髪と前歯を売るシーンが描かれているのです。

1950年代になると素材にチタンが使われるようになり、その後、スウェーデンでチタンを使用した骨結合型のインプラントが発明されたことによってインプラントは飛躍的に発展しているのです。

今から100年ほど前の文献には、注射針と同じ金属をバスケット状に加工して口の中に入れたと記されているのです。

また、体に害を及ぼさないという理由で歯根に金を使ったものなどがあったのです。

1990年代になって日本人向けのプラトンシステムが開発され治療成績が一気に向上したようです。

チタンという金属は、外科などの医療現場で骨折の固定ボルト等ごく当たり前に使われている体に安全で最も金属アレルギーの少ない金属なのです。

チタンはインプラントの普及に大きな役割を果たしているようです。

現在、人類の歴史上最も古いとされるインプラントは、トルコで発見された石製のインプラントで、なんと紀元前550年頃のものだといわれているのです。

ただし、このインプラントは、実際に歯の代わりとして機能出来ていたかは疑問で、儀式などの為だけに使われていたのかも知れないとおいもいます。

インプラント情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯槽膿漏 歯周病 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |神奈川県 藤沢市 歯科 やなぎさわ歯科 |矯正 岡山 |歯科 岡山 |岡山 インプラント |青森県 青森市 歯科 ミドリデンタルクリニック |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |インプラント 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |予防歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛知県 安城市 歯科 わかば歯科クリニック |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|入れ歯 |岡山 自費診療 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科