インプラント情報館 >> インプラント情報館 >> ツーピース・インプラント

ツーピース・インプラント

ツーピース・インプラント

インプラント治療を行う場合にインプラント体と土台の部分とが分かれたタイプのものなのです。

一般的には、ツーピースインプラントを用いるのが主流となっているのですが、セグメント構造のため境界部から破損しやすく、部品数が多くコスト高、そして煩雑な術式になりやすいという欠点が指摘されているのです。成功率は2回法の方が、高いといえるのです。

それは、インプラント本体を、数ヶ月間、粘膜の下に荷重をかけずにおいて置く事により、骨とより強固に結合することができるためなのです。

現在、主なインプラントはすべて2回法となっているのです。現在、クリニックでは、アストラテックインプラントを使用しているのです。

一部ではワンピースインプラントが好んで使用されるケースがあるのですが、一体型のため何らかのトラブルがアバットメントに生じた場合、骨内のフィクスチャーも摘出しなければいけないリスクがあるのです。

通常、下顎で3〜4ヶ月、上顎で6ヶ月程度、骨内での治癒期間が必要なのです。

その後、粘膜を貫通させ、ネジ止めにて、補綴物を装着するのです。外観が気になる部分などに用いられているのです。

2回の小手術が必要なのです。最大のメリットは審美的に優れていることなのです。

ワンピースインプラントは構造上、外冠の装着はセメント方式しかできず、精度に限界があるのです。

よって、ツーピースインプラントの方が自由度が高く、精密で審美的なインプラントを作ることが出来るため、普及しているのです。

成功率は2回法のインプラントに比べ、数%落ちるように思われているのです。

ただし、患者様の侵襲がかなり少なく治療期間が2回法に比べ、半分程度なので、期間がなく早く治療を済ませたい方などには向いているかもしれないと思います。

審美的要求の高い部位へのインプラント手術に有効であり、インプラント体が顎の骨に結合するまでの期間を安静に保つことができ、細菌に感染するリスクも低くなるのです。

2回法は被せ物を装着するまでに手術を2回行う方法で、骨移植・GBRなどの骨造成の手術をされる方、サイナスリフトをされる方は2回法で治療を行うのです。

この2回法では、アバットメントと土台のインプラント体が別々になっているツーピースインプラントを使用するのです。現時点では、確実性が高い方法だといえるのです。

インプラント情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|愛知県 安城市 歯科 わかば歯科クリニック |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山歯科 |岡山 インプラント |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |インプラント 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |入れ歯 |歯科 岡山 |青森県 青森市 歯科 ミドリデンタルクリニック |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |歯槽膿漏・歯周病 治療 |矯正 岡山 |予防歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |岡山 自費診療 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |神奈川県 藤沢市 歯科 やなぎさわ歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院