インプラント情報館 >> インプラント情報館 >> インプラント 歯槽堤増大術

インプラント 歯槽堤増大術

インプラント 歯槽堤増大術

インプラントを埋入するのに高さはぎりぎりあるのですが、幅はないのです。

唇側からのベニヤグラフト単体も考えましたが、ドナーサイトが脛骨ですので皮質骨ブロックの採取ができないのです。

また、歯槽骨内部も皮質骨化しており、オンレーグラフトしても血液供給が十分でなく、移植骨の壊死や感染のリスクが高くなるのです。

高度な知識と技術が要求されるのです。インプラントは治療が終わっても自分の歯と同じ様に毎日磨くことが大切なのです。

インプラントはチタンですので虫歯にはならないようですが、プラークがたまって付着するとインプラント周囲炎になり周りの骨が吸収されることがあるのです。

歯周病と同じ様になるようです。サイナスリフトが終了したら右中切歯から第二小臼歯部にかけて、歯槽堤増大の目的でスプリットクレストを行うのです。

尚、後方第二小臼歯部は開窓部から歯槽頂にかけてスプリットが拡大できるように垂直的に骨切りしてあるのです。

歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に 行う治療方法となっているのです。

骨頂から器具を入れ、二分割して骨を若木骨折させ、骨を広げてスペースを作るのです。

骨補填材とメンブレンを使用する場合もあるのです。 その為に日頃のプラークコントロールと定期的な健診をお薦め出来るのです。

審美的に安定したインプラントを埋入する為には、最低7ミリの骨幅が必要となるのです。

また、インプラントの長さも10ミリ程度は確保したいので、最低10ミリの骨の高さが必要となっているのです。

スプリット・クレストとは、インプラント手術をする際に歯槽骨の幅が狭い為にインプラントが埋めれない際に、歯槽骨の幅を広げることによって手術を可能にする方法の事なのです。

歯科治療は、咬み合せを修復するだけではなく、全身的な病気の病状改善や予防に効果が認められているのです。

歯周病の細菌が、誤嚥性肺炎を惹起したり、細菌性心内膜炎や動脈硬化症、更に糖尿病、低体重児出産に関っていることが判明しているのです。

現在の骨の枠組みの外側に骨を造成するのに、従来は腸骨ブロックをスクリューで固定することが一般的だったようですが、腸骨ブロックは非常に緻密な皮質骨で、内部に新生血管が入ることが困難な為、骨のリモデリングが難しく、短期的には問題はおこらないようですが、5年単位で観察すると50%程度吸収して無くなってしまうことがしばしばあるのです。

インプラント情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山歯科 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯槽膿漏 歯周病 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |予防歯科 |矯正 岡山 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |入れ歯 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |青森県 青森市 歯科 ミドリデンタルクリニック |愛知県 安城市 歯科 わかば歯科クリニック |岡山 インプラント |インプラント 岡山 |歯科 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 藤沢市 歯科 やなぎさわ歯科 |岡山 自費診療 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |審美歯科 ホワイトニング 岡山