インプラント情報館 >> インプラント情報館 >> インプラント クラウンとは

インプラント クラウンとは

インプラント クラウンとは

クラウンとは、歯にかぶせ物をすることなのです。一本の歯に対して用いる歯冠補綴物を、指しているのです。

前歯の場合はジャケット冠と呼んでいるのです。インプラントは天然歯の歯根のように人工歯を支持しますが、この方法では、新しいオールセラミックのクラウンを支持するのです。

クラウンとは、一つの歯の欠損に対して、金属やセラミックで覆う被せものの事なのです。

歯根膜支持の共通点が多いブリッジとまとめられることが多いのです。

虫歯などで大きく歯を削ったときに、金属やセラミックで覆う被せ物のことなのです。

クラウンで被せるほどの虫歯の場合は、神経が死んでいるのでクラウンを被せる前に根管治療を行うのです。

プラスチックは色が限定されていることと、時間が経つと変色してくる欠点があり、また奥歯にプラスチックの冠を利用した場合には、壊れやすく長くもたないという欠点もあるのです。日常生活の健康を支えている歯は、口の中に見えている部分歯冠と、あごの骨の中に隠れていて見えない部分歯根からできているのです。

歯周病や虫歯、事故などで歯を失うと機能面、審美面、生活面に大きく影響するのです。

特に歯根を失った場合、次の様な影響があるのです。

ノーベルバイオケアの歯科インプラントに装着したオールセラミックのブリッジは、失われた歯と同様の外観を持ち、同じように機能するのです。

ノーベルバイオケアは、40年以上にもわたり歯科インプラントとクラウンの使用で成果を上げ、インプラント市場をリードしているのです。

透明感のある自然な歯を被せて治すためには、自費の治療となっている陶材焼付け冠や、オールセラミッククラウンを利用する方法があるのです。

いずれもセラミックを利用することで、時間が経っても色がくすむことはないのです。

弾性率も天然の歯に近いため、咬み合う歯にも優しい材料なのです。

クラウンには、金属だけでできているクラウンの他に、金属の表面にセラミックを焼き付けたメタルボンドや、セラミックだけでできているオールセラミッククラウンなどがあるのです。

歯科インプラントにオールセラミックのクラウンを装着する方法は、失った歯にすばらしい審美性をもたらすソリューションなのです。

インプラント情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |岡山 自費診療 |歯槽膿漏 歯周病 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |入れ歯 |予防歯科 |愛知県 安城市 歯科 わかば歯科クリニック |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山歯科 |岡山 インプラント |矯正 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|審美歯科 ホワイトニング 岡山 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |インプラント 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯科 岡山 |神奈川県 藤沢市 歯科 やなぎさわ歯科 |青森県 青森市 歯科 ミドリデンタルクリニック |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室