インプラント情報館 >> インプラント情報館 >> インプラント 治療の流れ

インプラント 治療の流れ

インプラント 治療の流れ

インプラント治療は、まずインプラントとは何かというカウンセリングから行われるのです。

歯周病についてや入れ歯治療やブリッジ治療との比較簡単な治療の手順を調べてみるようにしましょう。

インプラント埋入手術の際には局所麻酔を使用し、歯根に相当するフィクスチャーと呼ばれるインプラントを顎の骨に埋め込んでいくのです。

その後、骨とフィクスチャーとが確実に固定されるまで治癒期間を設けるのです。

歯肉を切開し、人工歯根をあごの骨に埋め込み、歯肉を縫合するのです。

通常、局所麻酔による1〜3時間程度の手術で、入院の必要はないのです。

次に問診、触診、レントゲン写真、お口の中の模型、お口の中の写真を参考にして、インプラント治療が可能かどうか、治療の進め方をどうするか分析した後、実際の治療作業に入るのです。

治癒期間には個人差があるのですが、およそ3〜6ヶ月とされているのです。

治癒期間が終了したら、人工歯の支台となるアバットメントと呼ばれるインプラントをフィクスチャーに連結するのです。

実際の治療の流れについて知っておくようにしましょう。具体的には、フローチャートに従って治療を進めていくのです。

治療のプロセスは、インプラントの種類によって多少異なってくるのですが、一般的に手術は2回行いますが、1回だけのシステムもあるのです。

実際のインプラント治療はまず歯が無くなった顎の骨に、人工の歯根、インプラント材:素材として使われているのは純チタンなのです。

この素材は、人間の体となじみやすく、あごの骨や歯ぐきの粘膜との適合性が高いという特長があり、心臓のペースメーカーや関節の部品、等にも使用されていて、拒絶反応が少ない安全な素材として高く評価されているようです。

ボルトを埋め込んで、新しい土台を作るのです。歯科で治療を受けるのにどうして内科の検査が必要なのか、不思議に思われるかもしれないと思います。

インプラントの成功は全身の健康状態にも大きく左右されるのです。たとえば、中程度の糖尿病の方は傷の治癒が遅れる傾向があるため、骨とインプラントがうまく結合しないことがあるのです。

インプラント情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|歯槽膿漏 歯周病 |岡山 自費診療 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |入れ歯 |神奈川県 藤沢市 歯科 やなぎさわ歯科 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |インプラント 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |青森県 青森市 歯科 ミドリデンタルクリニック |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 安城市 歯科 わかば歯科クリニック |予防歯科 |岡山 インプラント |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |矯正 岡山 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯科 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山歯科