インプラント情報館 >> インプラント情報館 >> インプラント ブリッジ

インプラント ブリッジ

インプラント ブリッジ

インプラントの構造は、アバットメントとインプラント体の二つに分けられているのです。この上に上部構造補綴物を被せるのです。

インプラント治療についてご存知でしょうか?人の健康はまず食生活から始まるのです。

しかし、いくら健康な食事にきをつけていても、それを噛み砕く歯に異常があると、食べ物を上手く咀嚼する事ができず、細かくできなかった食事が胃に負担をかけてしまうのです。

顎の骨に人工歯根となる金属を埋め、その金属を土台にして、人工歯を被せるのです。

インプラントは人体との親和性が高いチタンでつくられているので金属アレルギーの方も安心なのです。

是非オススメしたい治療法がインプラント治療となっているのです。インプラント治療とは、歯茎に人工の歯根を埋め込み、その上から人工の歯を形成することで、失った歯と変わらない働きをさせる方法なのです。

インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、その上に安定した人工歯を被せることができるのです。

失った歯を補う方法としてインプラントによるブリッジはとても良い方法と考えられているのです。

インプラントブリッジとは、失われた歯の部分の顎の骨に、チタンの人工歯根を埋め込み、それを支台歯としてまさに橋を架けるように、失われた部分の歯を補うのです。

天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のように噛めるという機能性が回復するのです。

インプラントブリッジの利点として、歯のバランス確保があげられるのです。歯はお互いを支えあっているのです。

その中の1本でも無くなると、均一に保たれていたバランスが崩れ、歯は傾き、最終的には抜け落ちる可能性もあるのです。

また、噛み合わせもおかしくなり、顎関節症に陥る危険性も伴ってしまうのです。

失った歯の本数が少ない場合によく使われる方法です。取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定しているようですし、咬む力も回復できるのです。

しかし、ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかけ、ブリッジを支える健康な歯を削らなければならないのです。

抜け落ちた歯を放置しておくことは健康面にも深く悪影響を及ぼす危険性があるようですので、インプラントブリッジは見た目の美しさもさることながら健康維持の面でもオススメの治療法だといえるのです。

ブリッジよりも格段に安定がよく、健康な歯を削る必要もないのです。

外見上も不自然さがなく、しっかり固定され、ほかの歯に負担をかけないのです。また、咬む力もあり天然の歯と変わらない食感を楽しめるのです。

インプラント情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|神奈川県 藤沢市 歯科 やなぎさわ歯科 |歯科 岡山 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |歯槽膿漏 歯周病 |入れ歯 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |岡山 自費診療 |青森県 青森市 歯科 ミドリデンタルクリニック |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |岡山 インプラント |愛知県 安城市 歯科 わかば歯科クリニック |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |予防歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |インプラント 岡山 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |矯正 岡山